2011年05月06日

なっとく、少子高齢時代のJR駅ビル戦略 博多、大阪…次は岡山

まあいろいろありますねって、なにが?
仕事の合間に書いてます(汗)
今日はヘッドラインから、なっとく、少子高齢時代のJR駅ビル戦略 博多、大阪…次は岡山について書いてみました。

☆★☆

少子高齢時代のJR駅ビル戦略 博多、大阪…次は岡山
産経新聞 5月6日(金)9時56分配信

「大阪ステーションシティ」として4日、新装オープンしたJR大阪駅=大阪市北区(本社ヘリから、門井聡撮影)(写真:産経新聞)

「大阪ステーションシティ」として4日に全面開業した新生・JR大阪駅は、JR西日本などJR各社が進めてきた駅ビルビジネスの集大成だ。周辺地域から人を呼び込むことで新たな輸送需要を掘り起こすというビジネスモデルは、少子高齢化で輸送需要の伸びが見込みにくいJR西日本にとって、グループ全体の収益力向上の秘策となっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110506-00000507-san-bus_all

★☆★



こんな感じで終了になります。
これからも、応援してください!
さいなら!


・カードローン会社などで借金をしている際など、返し過ぎた資金が帰ってくるてつづきを過払い金返還とよんでいます。
たとえばお金をかえし済みで長い期間経過している時など、多大な資金が返還されることがあります。これらの手続きに絡む活字に、過払い西葛西借り入れ弁済を受けられないクレジットカードや過払い赤羽出資法利息信用情報開示請求などがあげられ、過払い浅草金融会社借金会社更生法の適用又過払い早稲田届出期間過払い金カット保護など様々飛び込んできます。これらの、一部の用語というしゅるいになりますが、一般庶民にはいつもは使わない語句もみるでしょう。たとえば、過払い鎌倉借入額返済方法アコムなどもあるとともに、過払い茅ヶ崎過払い金額利息制限法に違反キャッシ\xA5
鵐阿\xE4過払い寒川モビットみなし弁済返還が困難又過払い厚木破綻司法書士事務所クレディアといったことばも様々上げられます。
いま、手続きをする事を迷っている方は、考えていても結果はでません。できるだけ時間を空けず司法書士に聞くことをお勧めいたします。
posted by かずきxf8x at 10:06| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。